ノミで困った!

ノミで困った!

犬や猫に寄生して血を吸ってしまうノミ。
ノミに吸血されるとさまざまな悪影響を及ぼします。
そうならないためにもノミについてきちんと知って、ノミ被害に備えましょう!

驚異のジャンプ力!

世界には2,000種以上いるといわれているノミ。
実は犬や猫、人に寄生するほとんどがネコノミとされています。
体長は2~3mm程度。自分の体長の約100倍~150倍もの高さまで跳ね上がるジャンプ力を持ち、
地面や植物などから犬や猫の体に飛びついて寄生してしまいます。

地面から飛びついて犬の体に寄生
地面から飛びついて犬の体に寄生
地面から飛びついて犬の体に寄生

ノミの生態・ライフサイクル

ノミは卵、幼虫(第1齢幼虫~第3齢幼虫)、さなぎ、成虫と
各ステージでそれぞれ全く異なった形へと成長する、完全変態の昆虫です。
卵からさなぎまでは動物から離れた場所に生息し、
成虫になって初めて動物の体に寄生します。

ノミ生態ライフサイクル 成虫 さなぎ 幼虫 卵
ボタンを押して
詳しく見てみましょう
成虫
成虫
期間は半年~1年。
成虫は光や体温、二酸化炭素などに反応して犬猫の体に飛びつき寄生します。寄生後8分以内に吸血し、メスであれば吸血後2日以内に卵を産みつけます。(1日平均30個)
close
さなぎ
さなぎ
期間は7日~1年。まゆをつくりながらさなぎになります。温度は24〜32℃、湿度は78〜80%の環境が揃って初めて成虫に羽化します。
close
幼虫
幼虫""
期間は9~200日。
卵から孵化した幼虫はまだ吸血せず、卵の生息地のまま周囲のゴミや食べ残し、成虫のフンなどを食べます。脱皮を繰り返しながら第1齢幼虫から第3齢幼虫まで成長します。
close
卵
期間は2~12日。メスは一生のうちに約2000個以上の卵を生みます。卵は犬猫の体から落ち、室内では絨毯やソファー、家具の下など、屋外では草むらや犬小屋の下などに生息。卵の段階では乾燥や高低温、殺虫剤に対して抵抗があるため、駆除することがとても困難であるといわれています。
close

ノミってこんなに繁殖するの!?

ノミは驚きの繁殖力を持ち、見えないところにたくさん潜んでいます。
ノミの成虫が1匹いたとすると、さなぎは2匹、幼虫は7匹、卵はなんと10個!
私たちが見つけられているのは氷山の一角にすぎないのです。

ノミは脅威の繁殖力を持つ

ノミってどこにいるの?

ノミは直接日の当たらない、暗くてジメジメした場所に多く生息しています。
また、ノミは暖かい場所を好むため屋外よりも室内での繁殖活動が盛んです。
「室内飼いだし、いつも綺麗にしているから大丈夫!」
と油断してノミ対策をしていない飼主さまも少なくありません。
しかしいくらノミが発生しないように掃除をしても、
動物や人、時には他の虫にくっついて家の中に侵入してしまうのです。

ノミがよくいる場所。
  • 1.ソファー・ベッド・クッションなど
  • 2.家具の下
  • 3.じゅうたん・畳
  • 4.犬小屋の下
  • 5.草むらや緑の下
ノミがよくいる場所。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

一度ノミが家に侵入してしまうと、繁殖サイクルができあがり、
ものすごいスピードでその数は増えていきます。
ノミ対策はお薬でノミの繁殖サイクルを断ち切ることが大切です。

お薬について詳しく知る